ammo day and night

私にとって 世界中の誰よりきっと 君がおもろい

あけましておめだたいでござる

年末年始でございました
実家へ帰ったり、こっちへ戻ったり、仕事は山積みだったり
忙しいったらありません

うちの実家では、正月にはカニを食べる習慣がありまして
縁起とかしきたりとか、そういう事情では、一切なく
父がカニ好きだから

んで
ティラノも大のカニ好きです
でもって
私を困らせて、神経ぐりぐりするのが生きがいのティラノ
実家から戻った私に
「何食べた?カニ?ひとりだけカニ?カニカニカニ」
と、年始恒例カニ攻撃を仕掛けてきます
常に、意味もなく、両手はチョキです
気まずい事この上ない

そんな、今年も、ちょっと嫌な感じに愛されてるあんもです
あけましておめでとうございます
私の生きがいは、ティラノの力になってあげることです

さて
立派でも厳格でもなんでもなく
どこにでもある普通の貧乏人の子なのですが
年末年始は家族で過ごすもの
という、教育を受けて育った私
実家に帰らねばなりません

しかし
だからこそ
年末年始は、私の一番大事な家族であるティラノと過ごしたいわけです

ティラノがこっちへ来て、1年目の年末年始は
一応、基本、実家へ帰ってました
ティラノが風邪を引いたので、様子見に往復したりはしましたが
2年目は、私が少し風邪気味だとい事で
年は一緒に越して、元旦、仕事に向かうティラノと一緒に家を出て帰省

そして、3年目
なんとなく、実家でも、ティラノの存在を許容し始めてるんじゃないか、という感じ
今回は、どうどうと、年越しは、ティラノと一緒にしました
実家の掃除もしなきゃいかんだろう
ということで、30日に実家へ帰って
31日にこっちへ戻ってきて
1日は、一緒に過ごし
2日に仕事のあるティラノと一緒に家を出て、そのまま私は帰省

お互いの幸せと平和のために
そんなふうに、少しずつ、人生のパートナーであることを、理解してもらえたらいいんでないか
ってな、感じです

さてさて
2回目になるふたりの年越しです
正月はティラノが仕事だから
前々から、31日は、休みを取って、ゆっくりしよう、という話をしていたのですが
1日のスタッフが足りなくて、急遽店が休みになったため、連休

ならば
ふたりで、ど派手な

カウントダウンに行こうぜ!

と、盛り上がってました

年末の鬼の忙しさに、いろんなバタバタに
ちゃんと、計画立てる時間もなく
当日になって、調べてみると、当てにしてた市内のカウントダウンが今年はやってない模様
いろいろ調べても、サクッと参加できそうなカウントダウンは見つけられず



除夜の鐘にする?

ってなわけで
知恩院が有名らしい

もひとつ、ふたりして、テンションあがらず

どうやって行く?
河原町から徒歩15分やて
その15分は、不動産屋が計ったん?

疲れたなぁ
ゆっくりするか?

とはいうものの
初めて、31日午後から1日まるまると、一緒にいれる時間が出来たのだから
せっかくなので、記念になるようなことをしたい

露天がいっぱい出てるとこなら頑張る!
と、ティラノ

ってなわけで
伏見稲荷の初詣へ出発

まずは、お腹ぺこぺこなので、河原町で居酒屋へ
普通の居酒屋ですが、おしいしです
たまに、祇園の高級割烹へ連れて行ってもらったりしますが
私達は、このレベルで、結構幸せ
ガツガツ食べました
それが、失敗でした…

店を出ると
腹いっぱいで歩けない…

伏見稲荷は断念するか…

ってなわけで
間近に見える八坂神社へ
露天もいっぱいで、人もいっぱい
しかし、年越しには、まだ早いので、混雑の本番はまだ先

話はちょこちょこ聞いた事のある、八坂神社のおけらまいり
『おけら火』をいただき、その火でお雑煮を作って無病息災を願う、らしい
現物を目にして
おぉぉ、これか!
京都は長いけれど、京都人ではないので、初めて見ました

でもって、露天を見つつ
腹いっぱいで何も食われへんな…
と、歩く、歩く
それでも、露天の中をふたりで、歩くのは、楽しいんですが

気づいたら、知恩院の前

着いたやん…


凄い人
並んでます
半端ない行列
案内の兄ちゃんは
「今から並んでも、入れるかどうかはわかりません!」
と、言いながら誘導

こりゃ、無理やん…
いや、しかし、初めて見た知恩院は荘厳でした
門しか見てないですけど…

聞くだけでも聞こうか、除夜の鐘
と、思って、露天街をうろうろしていたのですが
ここは、思い切って場所を変えよう
と、向かった先は、壬生寺
地味だけど、有名だし、鐘つかせてくれるらしいし
露天のひとつふたつくらい出てるだろ

こうなると、時間との戦いです
時間との戦いとは、ティラノのおちっことの戦いでもあります
交通規制も始まって、大挙して八坂神社に押しよれる人並みを逆行

「身動きできんこの強烈な人の列に逆行してる私達って、勝ち組や思えへん?」
と、超前向きなティラノ

ただの変わりもんやと思います…

足が痛いというティラノを宥めすかして、先を急ぎ、壬生寺へ
最寄り駅で電車を降りると
閑散…

遅かったか…

むしろ、ここであってるのか、壬生寺
不安が押し寄せます
とりあえず、露天の気配は一切ありません


ありました、壬生寺
そこそこ、並んでました
ご近所の人たちが、紅白見てからやってきた、みたいな


なかなか、立派な感じ

13jyoya.jpg


長い列でしたが、10人ずつくらい、ごーーーんと
無事、順番がまわってきました
鐘ついてる感はありませんでしたが
ティラノとふたりで年を越して、一緒に初めての除夜の鐘
私の拘りたかったポイントです
なんとも、幸せなひと時

帰りみちすがら、ちっさな寺でも、坊さんがひとり、除夜ってました
ちなみに、我が家でも、毎日、朝と夕方に、どこからか鐘がなるので
除夜の鐘が聞けたのかもしれません


やっぱり、知恩院の鐘が見れなかったのは、少し残念
大晦日に何時間も並ぶなんて、一生無理かもしれませんが
ティラノも、家に帰ったら後悔してました

「露天で何一つ食べれんかったのだけが、悔しい!」

いい年越しでした

スポンサーサイト
  1. 2013/01/05(土) 20:23:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バーテンダーごっこ | ホーム | クリスマスな3連休、本番>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ammodayandnight.blog79.fc2.com/tb.php/686-c9bab2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あんもないと

Author:あんもないと
あんもないと&てぃらのさうるす
ビアンカップル7年の遠距離終了
同棲中

あんてぃらの遊び場



書く人
HN  アンモナイト
性別  女、ですよ
セクシャリティー
   FTMでないとは言い切れない 
職業  会社員
出身  大阪
棲家  関西
石橋  遠慮がちに叩いて、渡らない

書かれる人
HN  ティラノサウルス
性別  間違いなく女
セクシャリティー  
   ビアンなんだろうね
職業  仕事の鬼・バツ1子持ち
出身  大阪
棲家  関西
石橋  叩いて壊して、それでも渡らいでかいっ!

最新コメント

ランキング


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクフリー

カテゴリ

はじめに (2)
日常 (652)
デート (162)
新ティラノお仕事劇場 (35)
ティラノお仕事劇場 (34)
お出かけ (41)
生い立ち (6)
企画 (1)
未分類 (0)
ティラノのお仕事劇場3 (6)
年表 (2)

RSSリンクの表示

あんてぃらブログ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Bmail

あんもの本棚

QRコード

QR