ammo day and night

私にとって 世界中の誰よりきっと 君がおもろい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事故~意識回復

手羽先を囲む変態の会で
あの続きはどうなってるねん
と、多方面から、ツッコミが入ったので
そろそろ、精神衛生上、直視しても良さ気な状態になってきた事だし
ちょっくら、続きを書いてみようと思います

我が社の社長の事故のその後です
書き始めた頃は、最悪の事態を脱した状態ではあるものの
まだまだ、向き合うのがきつかったのです
しかし、ここ数ヶ月で、それなりに笑って話せるようになって
でも、なかなか、書く気がおこらなかったのは
笑って話せても、なかなか、笑いは取れない
このネタの、どこで、笑わせようか
それが問題です
嘘です
いや、ちょとほんとです
あんもです
こんばんは

ってなわけで
事故から2週間ほど
意識が戻って、一般病棟に移ったという話を聞いて
休日を待って、ティラノとふたり、お見舞いに出かける事にしました
結構、ウキウキだったのです
なんせ、後で聞いた話では
発見当時、瞳孔開いて、呼吸してなかったらしいし
一週間意識不明
当初から、命は助かったと聞いていたものの
かなり、悪い事態を考えずにはいられませんでしたから
もちろん、最終的にどこまで回復するかなど、わからない状態ですが
とにかく、一般病棟に移れるまでになった、と、喜びが大きかったのです
ひとめ、顔を見たい
はやく、顔が見たい
なんせ、運ばれた病院が遠いもんで
仕事の日には行けません
私には、社長が不在の間、会社を守るという大役があります
だから、その日を指折り数えてました、ティラノが
お前何もんやねん、って感じですが
ティラノは、こんな私を大事にしてくれる私の仕事仲間と
ティラノが、離婚して来たとき
”お帰り”と言って迎え入れてくれた社長に、思いいれが大きいのです
例え女好きのしゃべりのおっさんでも


私が行く予定の日の前日
同僚のAさんがお見舞いに行ったのです
愕然として帰って来ました
開けただけの目はうつろで、言葉もなく、苦しそう
手を動かした気がしたから、その手を握って数分
辛くて、いたたまれなかったそうです

憔悴しきった様子で、病院から報告を入れてくれたAさん
覚悟はしていたものの、実際の話を聞くと
さすがに、私も、不安になりました
ウキウキ気分ではいられません
感情の波が、私より、だいたい100万倍程激しいティラノ
ふたりで、ちゃんと、向き合えるでしょうか
不安です

時はゴールデンウィーク
みんなウキウキ遊んでるのです
そこで、その日は、お見舞いではなく
ドライブという設定にすることにしました
久々の長距離ドライブです
ティラノの好きな高速のサービスエリアにたくさん寄って
屋台やなんかで、食べ物買って

楽しむんだー!

だから、たまたま寄った病院で
社長がどんな状態でも、落ち込まない

もちろん、ティラノ提案
そんな、わざとらしいまでの、その場しのぎの前向きさが
ティラノのいい所です

実際、もし、私ひとりだったら
怖くて、行けなかったかもしれません

そして、いざお見舞いへ
途中、寄り道が多かったのと
花を買うために、寄ったショッピングセンターから
なぜだか、よくわからない道に迷い込んだせいで
6時間程かかりました

6時間のドライブの末辿りついた病院で
社長は寝てました
ずいぶん、ただ寝ている社長を眺めるだけでしたが
一度開いた目は、Aさんの言う通り、うつろで濁ってました
言葉など、発する気配はなし
たまらなくなって
「一旦休憩入れよう」
と、ジュースを買って、駐車場へ退避

「体は、ちゃんと、動いてたよね」
「大きな怪我はなさそうだ」
「睡眠が足りてるから、前より、顔色は良かったよ」
「よう寝とるもんな」
「一週間も寝とったもんな」

ふたりで、笑いながら、良いとこ探し
でも、心はズタズタ
それでも、気持ちを立て直して
「よし、もう一回行こう」

病室に戻ると
さっきと、同じ社長
しばらく、じっと眺めていると
一瞬、目に力が入る気配
なにかピントきたのか、ティラノ
ここぞ、とばかりに身を乗り出し
「起きて!社長」
完全に私を押しのけて、手を握り締めて、揺り動かす揺り動かす
ええんかい、と、若干不安な私
すると
大きく欠伸をして、さっきとは明らかに違う覚醒の目が開きました
「大丈夫ですか?」
「大丈夫」
ゆっくりと、掠れた声だったけれど
事故以来初めて聞いた言葉に、ふたり目を見合わせてニッコリ

それから、ポツリポツリだけれど、しばらく話をしました、ティラノが
もちろん
「心配したんですよぉー!」
と、号泣です、ティラノが
もう10年、前の会社の上司と部下時代を合わせればそれ以上
苦楽を共にした、私です
仕事の事や私の事を心配しているに違いない(実は、違ってたけど)

きっと、まだ、視界が狭かったと思われるので
私がいるのは、気づかなかったかもしれません

何の話をしたかと言えば
社長が、どうしても、どうしても、話したかったらしく
とにかく、掠れる声で力説していたのは

「俺は大丈夫や、俺は生きてる、俺は戻ってきた

だけど、まだ戻って来てないヤツがいるんだ

誰やねん、それ!

軽く、臨死体験してたみたいです…

まあ、そんなことより
一応、会話が成立してるし、その口調から
知能的問題は、ないようで
体は、酷い打ち身があるものの、麻痺などもないようで

良かったなぁ

と、今度は、ふたり本気の笑顔で、笑って話しをしながら
帰りのドライブを楽しみました



「結構、話は弾んだけど、私の事、誰かわかってると思う?」
「どやろ…」

どうして、私を前に押し出さなかったのか
と、後悔しきりのティラノでしたが
誰かわかろうが、わかるまいが
絶対、可愛い女の子が行った方が、刺激になって良かったはず
と、その時は思ってました
そして、今、正解だったと、確信しています

そうそう
買った花は置いてきたものの
それどころじゃなくて、メッセージも、名前すらもつけないまま
後日、発見した奥さんが
花だから、女の子
きっと、あんてぃらちゃん達だ
と、思いつつも
ひょっとして、愛人かも
どっちにしても、いい刺激になったはず
と、笑いながら話してくれました

しかし、この奥さんは凄いです
気丈という言葉では言い表せない程の強さ
このネタでは笑いを取れない私には、及びもつかない
初期のまだ意識が戻らない報告電話ですら
一箇所二箇所は、オチ入れてきました

ってなわけで
いい感じで今回の話は終わるのですが
仕事復帰まで、まだ何ヶ月もかかるわけなので
まだまだ、いろいろ、大変だったのです


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

スポンサーサイト
  1. 2011/11/25(金) 22:40:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<事故~退院ー復帰へ | ホーム | 初めてのお客様~変態ハウスにようこそ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ammodayandnight.blog79.fc2.com/tb.php/579-296208f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あんもないと

Author:あんもないと
あんもないと&てぃらのさうるす
ビアンカップル7年の遠距離終了
同棲中

あんてぃらの遊び場



書く人
HN  アンモナイト
性別  女、ですよ
セクシャリティー
   FTMでないとは言い切れない 
職業  会社員
出身  大阪
棲家  関西
石橋  遠慮がちに叩いて、渡らない

書かれる人
HN  ティラノサウルス
性別  間違いなく女
セクシャリティー  
   ビアンなんだろうね
職業  仕事の鬼・バツ1子持ち
出身  大阪
棲家  関西
石橋  叩いて壊して、それでも渡らいでかいっ!

最新コメント

ランキング


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクフリー

カテゴリ

はじめに (2)
日常 (641)
デート (161)
新ティラノお仕事劇場 (35)
ティラノお仕事劇場 (34)
お出かけ (41)
生い立ち (6)
企画 (1)
未分類 (0)
ティラノのお仕事劇場3 (6)
年表 (2)

RSSリンクの表示

あんてぃらブログ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Bmail

あんもの本棚

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。