ammo day and night

私にとって 世界中の誰よりきっと 君がおもろい

恋愛以前

極端に内向的で、立派な変態に育つ要素をたっぷり含んだ子供時代の私
思春期を経て、女の子に恋することになるのだけれど

物心ついてから、小学生くらいまで
私は、今時の子からは、考えられないくらい、子供だった
何も知らない子供
非社会的で、世界が狭いから、情報量も少なかった
ひとり、いろいろ考え込む事も多かったから
考える力がなかったわけではないと思う

宇宙の果ては、どうなっているんだろうか?
果てがあるなら、その果ての向こうは、そして、そこにも果てがあったら、さらにその果ては
ある時は、そんな事を考えていた
また、ある時、父親から、慣性の法則を教えてもらって
その不思議さに、何度も同じ質問をした

だけど、子供が生まれる仕組みは知らなかった
結婚したら生まれるんだと思っていた
結婚とは、区役所に婚姻届を出す事だとは知っていたから
届けを出すと生まれるんだと思った
恐るべし、区役所職員

宇宙の果てに思いをめぐらせ、慣性の法則に心を奪われながら
生殖のメカニズムは、区役所職員の技だと思っていた、そんな不思議な私の頭
たぶん、興味がなかったから、疑問も感じなかったんだと思う

極端に内向的とは言え、他人の全てを拒絶して生きていく事はできない
同級生の話を聞くこともある
小学生の女の子は、いつも男子なんか嫌いだと言う
男の子は、女子なんか嫌いだと言う
私は、女の子の世界に属していたから
言葉通りに受け取って
みんな男子は嫌いなんだと思った
当然、興味があるから、反発し合うのだろうけど
興味のない私には、それがわからなかった
小学校も高学年くらいになると
誰は誰が好きだ、とか、そんな話になる
一般男子は嫌いだけど、好きという特別の存在だけはあり得る、と、理解してた
いろんなことが、なんだかおかしいと思い始めていたけれど
それで特に疑問はなかった

それが、ある時、たまに遊んでいた女の子達が
今日は、誰々のグループと一緒に遊ぼうと言い出した
男の子のグループだった
その時わかった
一瞬だった
そこに、そのピースを入れると、パズルが出来上がるんだ
そんな感じで
女の子が男の子を好きだって事がわかった
興味津々なんだって

そんな、おこちゃまな私だったけれど
恋愛対象が、女の子であって、それは、普通の人と違う事だという自覚はあった
恋愛とまではいかないけれど
クラスの可愛い女の子だったり
テレビの中の綺麗な人だったり
ちょっと、ドキドキするような気持ちがあった
だけど、やっぱり、まだまだ子供だった

そんな私も、少しずつ大人になっていった
ただ遊ぶ仲間に、ひっそり入れてもらってるだけじゃなくて
少ないながら、友達と言ってもいいくらいに、話のできる相手が出来きて
妊娠は、区役所職員の特殊技能ではない事も、薄々理解するようになって
自分の異質さを、本格的に、感じるようになった

ちょうどそんな頃
妹が生まれた
随分年の離れた妹だ
学校から帰ってくると
退院してきた母が、妹を抱いていた
ミルクの匂いがした
不思議と、そんな事まで覚えている
母がいない間、食事の支度やなんか、いろいろ頑張ったので
褒めてもらえるんだと思った
だけど、赤ちゃんが風邪を引くから、早く戸を閉めて、と、言われただけだった
楽しみにしていたはずなのに、久しぶりに会う母の背中が
なんだか、自分を拒否しているように思えた

それは、ただの錯覚だったと思う
手のかかる赤ん坊に、かかりっきりになるのは、当然の事だ
少し寂しい思いしたけれど、ちゃんと納得していた
それでも、やっぱり、下の子が出来ると、上の子がヤキモチを妬くという
よくあるパターンだったのかもしれない
それが、赤ちゃんがえりするような年ではないせいで、余計屈折したということかもしれない
だけど、その時は、赤ん坊がいて、両親がいて
それが、家庭というもので
異質な自分は、その中には入れないような気がした
そして、それが、私が家族に対して、距離を置き始めた最初だった

そして、初めて、女の子を好きになった

スポンサーサイト
  1. 2009/06/12(金) 21:19:52|
  2. 生い立ち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<初恋 | ホーム | 変態の理由>>

コメント

なんか…色んな感情が入り交じった
子供時代を送ってたのね…
う~む…続きを早く読みたい…

突っ込む所が無いのが少し淋しいけど…(苦笑)
  1. URL |
  2. 2009/06/12(金) 22:00:28 |
  3. 龍 #4A9T8td.
  4. [ 編集 ]

No title

どうも、お久しぶりです。
気持ちに整理がついたので、再び、顔出しにきました。

なんだろう…
子どもの頃って、ナイーブで、悪く言ったら、傷つきやすく…
それだけ、その後の人生に、多大な影響を及ぼすもの
なのかもしれませんね…
続き待ってます。
  1. URL |
  2. 2009/06/12(金) 22:13:07 |
  3. 伯飛 #m6Wy9BFE
  4. [ 編集 ]

No title

龍さん
みんな同じようなもんじゃないでしょうか
普通くらいの入り組み方だと思いますよ

びーやん
久しぶり
ゆっくり整理したらいいと思うよ
まだまだ若いんだしね
みんな、いろいろあって大人になるんだよね
  1. URL |
  2. 2009/06/13(土) 09:41:42 |
  3. あんも #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ammodayandnight.blog79.fc2.com/tb.php/133-36d977e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あんもないと

Author:あんもないと
あんもないと&てぃらのさうるす
ビアンカップル7年の遠距離終了
同棲中

あんてぃらの遊び場



書く人
HN  アンモナイト
性別  女、ですよ
セクシャリティー
   FTMでないとは言い切れない 
職業  会社員
出身  大阪
棲家  関西
石橋  遠慮がちに叩いて、渡らない

書かれる人
HN  ティラノサウルス
性別  間違いなく女
セクシャリティー  
   ビアンなんだろうね
職業  仕事の鬼・バツ1子持ち
出身  大阪
棲家  関西
石橋  叩いて壊して、それでも渡らいでかいっ!

最新コメント

ランキング


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクフリー

カテゴリ

はじめに (2)
日常 (661)
デート (162)
新ティラノお仕事劇場 (35)
ティラノお仕事劇場 (34)
お出かけ (42)
生い立ち (6)
企画 (1)
未分類 (0)
ティラノのお仕事劇場3 (6)
年表 (2)

RSSリンクの表示

あんてぃらブログ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Bmail

あんもの本棚

QRコード

QR