ammo day and night

私にとって 世界中の誰よりきっと 君がおもろい

変態集会レポの途中ですがバースです

略して、変態バース

さてさて
今日は、勤労感謝の日
我が家では、ティラノの日々の労働をねぎらいつつ
この世に生を受け、出会えた喜びに感謝する日でございます
というのも
年の話は禁止なので、我が家
年の話をするときは、血を見る覚悟が必要なわけで
刺される覚悟を決めまして

お誕生日おめでとう

レポが終わってからでも良かったのですが
記憶が薄れないうちに、思い出の1ページを記しておこう
新たに刻まれた、この、私の脱力感を

ってなわけで、変態の途中ですがバースです

ここんとこ、いろいろ忙しかったわけです
とっても、誕生日プレゼントを用意する余裕はなく
どうしようか、と、思っていたところ
21日から始まる、いつもぎりぎりに出来上がるティラノのシフト
ようやく回ってきたので確認すると
本日23日が、珍しく朝からの勤務
まあまあラッキー
今夜はケーキ付きディナー
プレゼントもティラノが働いている間に用意すればいいのですが
ここはやっぱりびっくりさせたい

欲しい物は、自分で選ぶのが一番なのだから
プレゼントは、気持です
苦労して選ぶ過程や、喜ばしたいがための工夫

きっと、まだ、用意してるなんて思ってないだろう
日付の変わった深夜に渡そう
と、昨日、買いに行ったのです
ティラノは、いつものように、昼から11時過ぎまでの勤務

私も仕事が終わってからなので
あまり時間がありません
急いで帰って来て、鞄だけもって出かけました
文字通り、鞄だけ持って
駅のホームにについてから気がついたのですが

財布がありません…

むっちゃ、考えました
何か、奥の手がないか
トイチでもいいから、誰か、貸してくれないか
しかし、あいにく、ここは京都
ミナミの帝王は通りかからず
駅前にある、ティラノの店に寄って、ティラノに借りる
という、ミナミの帝王よりはリアリティーのある考えも浮かびましたが
それでは、そもそものコンセプトから覆ってしまいます
だいたい、ティラノの財布に、紙のお金が入っているという確信が持てません
あれほど、大人なんだから、出かける時は札を持っとけというのに
ちょくちょく、コンビニの150円払いってな、カードの請求書がきます

どう考えてもどうしょうもないので
仕方なく、引き返しました
予定より時間がかかりましたが、無事到着

プレゼントの目星はついてました
ずっと、ピアスを探していたのです、ティラノ

可愛いピアスはいくらでもあるのですが
好みなのは、ぶーあんぶーあん、と、ぶらさがってるタイプ
しかし、職場の規定で、大きいのや、華美なのや、揺れるようなのはダメなのです
普段つけれないなら、なんだかだし
ちょぼってしてるのは、好みじゃないし
長らく、我が家の課題になっていたのですが
ちょっと前に、ふたりで河原町に出かけた時みつけたのです
天然石アクセサリーなんかの店で
アジアンテイストな、小さいけど、ティラノの趣味ど真ん中な可愛いの
これまで、いろんな店で、これはもひとつ、これももひとつ
と、まったく話にならなかったのが
「これどうや?」
「これどうや?」
と、言うたびに
「それもいい!」
「それも好き!」
と、気に入っていたのですが
結局買わず
何故なら
何が目的で出かけた時だったか忘れましたが
とりあえず、ティラノご機嫌さんで
「今、酔っぱらっとるから、決められへん」


あれにしよう!
私の「これどうや!」に同意はしてたから
趣味は概ね理解出来てるはずだ

確か、新京極か、寺町のアーケードの中の店だった
うろ覚えだけど、それは間違いない
と、いうわけで
歩きました
2通り、2往復

ありません…

財布に続き、アクセサリーショップがありません

あまり遅くなると、店も閉まり始めるので
他のアクセサリーショップへ
数件回って、ようやくゲット
最初の目的とは違いましたが、まあまあいい感じのネックレス


ちょうど、閉店近いデパ地下で、お惣菜をゲット
パーティーは明日だけど
コンビニ食の普段より、ちょっとだけ豪華な夕食


河原町まで行ったとなると
即、プレゼントを用意したのがバレしまうだろうと
帰りつくと、ことごとく入ってる高島屋の袋を処分
袋から出したサラダに安心してたら
高島屋のシールが貼ってあったので、急いで処分

あぶない、あぶない

スーパーにでも寄った風情を醸し出しつつ
何してたんや?と、言われないように
更新もして
ぽこぱんのクローバーも送って

むっちゃ、頑張りました


そろそろ、時間、と、ティラノのお迎え
いつものように、帰りついたのは、11時30分くらい
台所に並べた、お惣菜連を見て、ティラノ
「え!え!どこで買ったん!?」
ただのスーパーではない事を即座に感知

あかん…

こいつ、鋭い

しかし、鋭どかったのは、これだけでした

私が答えを、濁していると
だんだん、拗ね始めるティラノ
「なあなあ、どこで買ったん?」
「後で、教えたる」
「なんで、なんで、なんで教えてくれへんの?」
言い出したら聞かないティラノ

「教えてくれな、今晩は一睡もせえへんで!」
だんだん、脅迫も入ってきました
仕方なく
「あと、15分したら教えたる」
と、11時45分に、間違いなく趣旨を悟られるだろう回答をしたら

「なんで、15分やねん!」

一切、悟られませんでした

まあまあ、と
先日変態方面から頂いた、少し早い誕生日プレゼントのワインを注いで
機嫌を取りつつ
それでも、責められ、責められ、もう限界
「あと5分やから」
と、言ったところで、時計を見比べたティラノ
ようやく、何かに気がついた様子

「ひょっとして…」

パソコンに目をやり
「今日って、22日…」

あと5分というところで、ネタばらし
「高島屋や」

「じゃあ、ひょっとして、ひょっとして」
確実に気付いた様子のティラノ

「ケーキあるの?」

そっちかい…

「ケーキは明日や…」

「そっか、そっか」
と、少しだけ、落胆した様子
しかし、ぱっと、明るい笑顔になって

「高島屋なんや、むっちゃ美味しい、そりゃ美味しいわ、高島屋やもん」



偽装食材に騙されてしまえ…

その時ティラノ、思ったそうです
私の誕生日祝いの高島屋だということは…
サラダのエビ、気付かんふりで、多く食べてるけど…
心おきなく…

全部食べてもええって事やな!

それが笑顔の理由…

そして、いよいよその時が


「勤労感謝、おめでとう!」


棚に置いてあったプレゼントを渡すと
心底びっくりした様子のティラノ

1ミリも気付いてませんでした
私の偽装工作は、一切不要だったみたいです
「お疲れ!高島屋行ってきた!」で良かったみたいです

まあ
それはそれは喜んでくれて、良かったんですが
ティラノ、わが身を省みて、ちょっぴり悲しい気分になったそうです
スポンサーサイト
  1. 2013/11/23(土) 11:54:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

変態集会IN関西 1

ってなわけで
実は、先週末
しんハニが らぶらぶまいすいーとほーむに、お泊まりに来てくれてまして
しんハニが去って、急に静かになった我が家に
ちょっぴり寂しくなってしまった様子のティラノ
あれ以来、何故か、食欲全開で、食っても、食っても物足りなくて
ようやく、気がついたみたいです
それは空腹感じゃなくて、喪失感
足りない気がしたのは、串カツじゃなくて、しんハニだったにみたいで

もうちょっとで、夢のお嫁さんになる約束の体重だったのに
どないしてくれるねん

さてさて
そう、第何回だったか数えてませんが、変態集会IN関西
行ってきました
一緒にいれて幸せな毎日
一緒にいるのがティラノだとはいえ、そうそう、しょっちゅう突拍子もない事が起こるわけもなく
せっかくなので、貴重なネタの宝庫、長く、長~く、ひっぱってやろうと思います

まず、遡る事、だいぶ前
忘れた頃にやってくる、定例報告がありました
「うちの姐さんが、そろそろ京都に行くと言っている」
と、長野方面から

2週前を予定していたようなのだけれど
月初は、ティラノの仕事の都合がつかず
遅らせてもらったのです


そうなると、どないやってのが
京都の交通事情等々
日本の代表的観光地です
素敵な紅葉のシーズンともなれば、人も車もごったがえす
ならば、今回は大阪にしよう
と、いう事になったのです


思うわけです
京都に遊びに来るたび
「あーちゃん、暑い!」
「あーちゃん、寒い!」
何故か、実は生まれも育ちも大阪な私が、京都を代表して怒られ続けてきたわけです
確かに、京都の夏は蒸し暑く、冬は底冷えする、気候の厳しい盆地ではあります
比叡山の身代わりで、怒られるわけです


君ら、いい気候の時は、避けとんねやんけ

ってなわけで
私は無実です
ついでに、今回は心身ともに弱っていたせいか
珍しく、雨も降りませんでした
むっちゃ、無実です


そう
当日まで、なんだかんだと忙しく、ティラノが体調崩したりなんだりで
私も、ほっとできる暇もなく
ほんとなら、新婚家庭にお客様をお迎えする楽しみを
準備段階から、思う存分満喫したかったのですが
残念です
軽く片付けしたくらいで
あとは、ルンバさんに無理を言って、いつもより余計めに回ってもらって
ってな感じなのですが

ひとつだけ、私のこだわりポイント
風呂場の前洗濯機と洗面所があって
3方が囲まれてて、ちょうどいい脱衣スペースなのだけれど
カーテンがない
ここにカーテンだけつければ、脱衣場としておかしくないと
引っ越し当初から、思ってまして
よく見ると、前住人も、カーテンをつけてた形跡がありまして
脱衣場が脱衣場らしくある事は、家庭らしさが醸し出されてとしても、いい感じだ
「ここカーテンつけよう!」
と、勢い込んで提案したのですが
別段反対はされませんでしたが
これと言って、興味はないようでした、ティラノ

そのままにしたありました

だーいぶん前に、たぶん、書いたと思いますが
しんちゃんが、ピンで泊まりに来た時に
いつの日か、女の子が泊まりに来る時には、カーテンつけよう
心に誓ったのです

ってなわけで
今回は、おっさんピンではなく、しんハニお揃いでお泊り
観光シーズンでホテルが取れなかったっちゅう理由だったりもするのですが
これだけは、と、忙しい合間を縫って、買いに行きました!
100均へ

拘ってるわりに、100均です…

そして、忙しい仕事の合間に、縫いました!
100円ののれん3つ結合

繋げただけなんですけどね…

ちなみに、こんな感じ

NEC_0032.jpg


そんなこんなで、当日です
めでたく、当日に入るまでに、一日分書けました
続きは次回
  1. 2013/11/22(金) 22:29:03|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が家のビューティーさん

ティラノのギックリさんな腰もだいぶ良くなってきましたが
店は、ますます、ごったごた
ティラノも、一番手ビューティーになって
これからは、雑用なんかしてる場合じゃない、ぞ、と
腰につけてる道具は、腕を認められたビューティースタッフの証しだぞ、と
頑張って、化粧品を売るんだ、と
思ってはいても、雑用に手を取られて、思うようにはいかず
ストレスフルな毎日に
こないだは、警察沙汰おっきな万引き騒動やなんかもあって
心労から、体調を崩してました
なんとか、ようやく、持ち直した所です


改めて、一番手ビューティーなんだ、というプライドのために
こないだ、ちょっと、高めのヒールの靴
いい感じのを見つけたようなので、買ってあげました
ちなみに、昨日は
そんなハイヒールの似合うビューティースタッフのティラノの横にいるのは私だ
という、プライドのために
ティラノが超厚底靴を、ヤフオクで落としてくれました
1000円でした


雑用係じゃないんだぜ、な、ティラノ
荷物が散乱してようが、知ったこっちゃない
もう、ヒールの靴じゃ、脚立には上れませんから
久しぶりなので、まだ慣れない様子ですが
きっと、数カ月後には、立派に、ヒールを履きこなし
器用に、脚立に上ってると思われ…

ってなわけで
我が愛しのティラノは、ビューティースタッフなのです
自慢のもうすぐ嫁です
52キロになったら、お嫁さんにしてね、と、言われた事情で
なかなか、嫁になってくれませんが
今回の心労で、ぐっと、近づきました、嫁


ひとつ、不本意な事があるそうです
数限りなく、不本意はあるのですが、ちょっと、心に引っかかる不本意
店で、なにかあると、名指しで呼ばれるティラノ
「ティラノさん、化粧品接客お願いします」
だったら、大納得
お客さんから名指しで呼ばれる事も多々ありまして
ビューティースタッフの人とか、化粧品に詳しい人、ではなくて
ティラノさん、と
ティラノさんと相談したいんだ、と
ありがたい事です

それはともかく
不本意な名指し
「ティラノさん、冷蔵庫壊れました」
「ティラノさん、プリンター壊れました」

そのたびに、言うわけです
「私は、電気屋ちゃうねん
この腰道具は化粧道具がはいっとるねん、ドライバーやペンチに見えるか?」

確かに、それは、ビューティースタッフの仕事ではありません

話は変わりますが
我が家のルンバさん
ティラノの提案で買ったわけですが
最初は、そんなの必要か?と思わないでもなかったのですが
役に立ってます
買って正解です
もう、ルンバさんのいない生活なんて、考えられません
だもんで、私が、ルンバさんの肩を持つので
ティラノが粗探しては文句言ってます

「拭き掃除ができてないやん」

ルンバはしないから、拭き掃除

そんなある休日
散かし大将が仕事行ってる間に、掃除をしようと、ルンバさんを動かしてたら
何やら異音
そして、ブラシを掃除して下さいと、エラーが出ました

中をあけて、手入れをして、もう大きな絡んでるもんななさそうなのですが、やっぱり異音
そして、エラー
結局、その日はどうにもならずに
ひそかに買い替えを検討してました

数日後
毎日忙しいティラノ、ちょっと、時間があって
いや、時間はなかったのですが
やらなきゃいけない事が、あり過ぎて、何もやりたくなかったと思われ
「ルンバ修理してみるわ」
と、中を開けて、あーだ、こーだ
これで大丈夫か?と動かしてみたけど
やっぱり、エラー
それから、数分後
「よし、なおった」
と、ちゃんと、動き出しました
「理屈がわかったから、もう大丈夫」
髪が噛んでたらしく、同じ黒だからわかりにくかったんだ、と
説明してくれました

呼ばれるわけだ
電化製品の修理…

  1. 2013/11/14(木) 19:56:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふぁーすと&せかんどコンタクト

直球勝負の炎のファイターティラノ
大抵、当たって砕けろ、刺し違える覚悟で挑むのです
ちょくちょく、砕けて、刺されて帰って来るわけですが

そこいくと、私は、自分が引いて丸く収まるなら
どこまでも引きます
争いは好みません
挑む時は、まず、策を巡らせます
なるだけ、手は汚さず、出来るならば、策ったことも悟られぬよう
これだけ、穏やかな平和主義なのに、腹黒と罵られる所以です


今回の策略
実家の墓参りに合わせて、ティラノを連れていく
いい考えだと思ったのです
実家に連れていくより、短時間で、うちの家族と対面を果たせる

墓参りという身内チックな行事なわりに
実家では、毎月の事だから、敷居は高くない
だけど、大事な人じゃなきゃ、絶対連れて行かない

いい考えではあるものの
どう考えても、ティラノにかかるプレッシャーは相当なもんで
私が手術するとうい異常事態ゆえに実現した、前回スモールママとの初対面で
「頑張って、間を取り持ってや!」
と、念を押されていたにも関わらず
私がやったのは、間に座っただけで
私を挟んで、スモールママとティラノが会話していた
そんな、役立たずっぷり
私も病気の事でてんぱってたから、と、なんとか許してもらいました

「今度こそ頑張ってや!」
と、強く、強く、念をおされ
「頑張る!」
と、言いましたが
これっぽっちも、信用できないみたいでした
気持ちは、わかります
私も、同意
とりあえず、なんて紹介するかを、ちゃんと練習しときなさい
と、予習を言い渡されました

ってなわけで
当日です
ちょっとだけ、ティラノの仕事が残っていて
朝一で店に寄ってから、ふたりでお墓に向かいました
だいたいの時間はわかっていたのだけれど
何があるかわからないので、実家とは打ち合わせはせず
会えればラッキーというスタンス

ちょうど、うちと実家の間くらいに位置しているお墓
車で、一時間ほど
ぎり、間に合うか?という時間で
駐車場が少ないので、駅前に車を止めて、少し歩きました

もう帰ってるかな?と思いながら、先を急ぎます
そわそわのティラノ
そりゃあ、前日からの心労は大変なもんだと思います
で、到着したお墓の駐車場にプリウス発見

たぶんこれだ…

で、敷地に入って行くと
いました
ティラノとは2回目のスモールママと
初対面のスモールパパ(結構長身)とスモール妹

「おはようございます」
と、入っていって
「すごい、いいタイミングやな」
と、スモールパパ
確かに、結構、奇跡的なタイミング

顔見知りのスモールママが
「○○ちゃんのお父さんと妹です」
と、紹介
○○には、当然私の名前が入るわけですが
何故か、妹の名前が入ってました
妹が
「○○は、私」
と、さくっとツッコミ
よくある事です

そんなアクシデントもあったもんだから
ここで、私がティラノを紹介しそこね
この件に関しては、後で、反省点として叱責されて
次回の宿題という事になりました

初めてじゃないのに、紹介
おかしいやん…
ぐんっ、とハードルが上がってしまいました

とりあえず、お参りを済ませて
スモールパパの車で駅前まで
早めのお昼ご飯です

内弁慶という言葉がありますが
小さい頃から、外では至って無口な私
実家に帰ると、さらに、輪をかけて無口です
どこにおんねん弁慶です


全世界に向けて、今年から独立したと宣言している私ですが
実は、実家には言ってなくて
この機会に、ここは、頑張って、話題提供と
その話をしました
そもそも、ちょっと特殊な仕事をしている私
その仕事が変わったと言っても
そもそもの仕事内容について、ほとんど伝えてこなかったわけで
一生懸命話終えると
スモールママ
「よう意味がわからん」



「お父さんわかった?」
「ん…わからん」
「○○ちゃん、わかった?」
「わからん…」



ガチガチに緊張して、おとなしくしていたティラノが、たまらず補足説明

結局、よくわからんけど、まあ、頑張れよって感じで話は終わりました
うちの実家では食べてる時はみんな、一生懸命、黙々と食べるので
私は、何の違和感もなかったのだけれど
みんなで、一生懸命、黙々と食べてるのが、ティラノとしては、ツボだったみたいで
笑いがこみ上げて困ったそうです

そんなこんなで
食事会が終わって
別れ際、妹が、満面の笑みで、ティラノに手を振ってくれたのが嬉しかったそうです

そう
うちの妹、あまり付き合いはございませんが、いい子なのです
前々から、とっても性格の良い子だとは言ってたのですが
突っ込んだ質問されても、私が、付き合いがないから、よく知らないと言うもんだから
付き合い辛いタイプなのか、と、誤解して
しかも、悪名高い小姑というヤツなので、イメージ悪かったそうです

顔立ちは、私とよく似てるけど、どこからどう見ても女の子
そんなんあり得へん、と、よく言ってましたが
実際見て、納得してました
「あり得るんや…」

「いい子そうやん」
というので
「だから、いい子や、言うてるやん
私から、腹黒さを引いて、社交性を足した感じやねん」
と、説明すると
「そんなもん、足し引きしたら、あーちゃんの原型とどめてないやん」

私の人格は、腹黒さと社交性のなさで出来てるんかい…

ってなわけで
双方、悪い印象はなかったと思います
出発点として、良かったのではないかと
ティラノ、頑張ってくれました

私も頑張りました
今回は、頑張ったと、ティラノも認めてくれました
「まあまあ頑張っとったな、結果は一切伴ってないけど…」

次回も頑張ります

  1. 2013/11/07(木) 20:03:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

腹黒計画

世間様は3連休
私も、一応、三連休だったのですが
いろいろ、大変でした
最終は、ティラノも巻き込んで、我が家の一大騒動

ってのも
私、ちょこちょこ、実家に顔見せに帰省しておりまして
前にも書いた通り、一分一秒でもティラノの一緒にいたいわけで
ティラノと一緒に暮らすようになってから
頻度が減っているものの
寂しがりながらも、あんまり、帰らなくなるのは、どないやねん
自分が悪もんみたいやんけ、ってなティラノの主張もありまして
まあ、ちょこちょこ帰省してます

基本、帰省は月初め
うちの実家では、大抵、第一日曜あたりに、墓参りに行くので
それに、合わせて、という事で


前回帰省は、お盆だったけな
そろそろ、帰省しなきゃだなぁ
と、憂鬱で、憂鬱で
祝日の月曜は、ティラノが休みなので、どうしも家にいたい
なので、土日で帰省してくる
と、思ってはいたものの
なんだかんだあって、土曜日はどうしても動く気にならなくて
日曜に出かけました
ちょうど、運ばなきゃいけない荷物があったので、久々に車で
車だからと、その日のうちに帰ろう

と、そこで、ひとつの計画が出来上がったのです
腹黒で有名な私の壮大な計画の一コマ
ここに、入れとこうか、と

ちらっと、ティラノに話してみると
絶対嫌だ!とは、言わなかった
私の感じた所では
むっちゃ、気は進まないけど、悪い話ではない、という印象


実家に帰って、スモールママに伝えたのです
「明日、行けたら、ふたりで墓参りに行く」
そう
今月の実家の墓参り祝日の月曜だと聞いていたので
ここで、墓参りがてら、昼ごはん

ティラノがしんどい思いをするのは、わかっているけど
ティラノは、この先ずっと一緒に生きて行く、私の一番大事な家族
実家も、血のつながった家族であることは、変わる事がないわけで
それなりに、大事に、何不自由なく、ちゃんと育ててもらって
こんな立派な変態になりました、と、そんな恩義もあるわけで
私の家族は、ティラノの家族で
だから、出来る事なら、少しずつ、良好な関係を築いていきたい
そんな、壮大な計画を持っているわけです


私の手術騒動の時に、スモールママとファーストコンタクト
あれで、良い印象も持ってもらったようで
この前、帰省のときは、一緒に泊まりにきたらいい、とも言われていて
計画のためには、いずれ実行するつもりですが
その前に、ワンクッション
この機会、ちょうどいいかもしれない

ティラノの急な仕事が入るとか
ティラノが知恵熱出すとか
そんな、行けなくなるいろんな可能性も考えて
もしも行けたら行くと、そんなニュアンス
それでも、結構、度胸を決めて伝えたのですが
スモールママ
「あら、来てくれるの?」
と、あっさり

帰り際
「御墓参りは、毎月お父さんとお母さんがちゃんと行ってるから
無理せんでもええねんで」
とは、言ってましたが
そこは、否定も肯定もせず
決戦は翌日
ひとまず、家へ帰りました

というわけで
内容もオチもありませんが、書いてるだけで疲れてきたので
続きは次回
  1. 2013/11/05(火) 21:34:34|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛刈り

ようやく寒くなってきました
ノースリーブでがんがん扇風機にあたってるティラノの横
炬燵でまるまる季節です
もっと、立派な体毛が欲しい
そろそろ、冬毛に生え変わる時期です

ってなわけで
今日は、ティラノを仕事に送っていってから
毛刈りに行ってきました
前にも書いたかもしれませんが
我が家の毛刈り
結構ドタバタです

ティラノ
癖毛で、矯正しなきゃならないのですが
それには、かなりの腕が必要なようで
美容室に行くたびに、下手くそにされて、しょぼん
家庭が暗くなってました

そして、私
お気に入りの美容室があって
数人のスタッフがいる中で
常に、オーナーだか、店長だか、偉い感じのおっちゃんが担当してくれるのですが
毎回、出来上がりが猿
私は、すっきりとして、いい感じの猿なので、気にいってたのですが
ティラノが大反対

猿は嫌みたいです

猿具合はともかく
とりあえず、注文が楽なのが一番のお気に入りポイント
椅子に座り、おっちゃんが出てきて
「いつもと、一緒でいいですか?」
「はい」
これで万事OK

むっちゃ楽


ご機嫌で帰って来るこざっぱりした猿に
ティラノが怒るのです
「猿はやめろ言うてんのに、なんでいつもと一緒でいいって言うねん」

注文しなくていいのが気にいってるのに
そこ否定したら、お気に入りのポイント激減やし
もし、頑張って注文つけて、それでも、結果が猿だったら、最悪やん


そんな不毛な会話が繰り広げられていたのは、少し前まで
引っ越しした事もあって、今は、違う美容室へ行ってます
ショッピングセンター内のスタッフの大勢いる、でかい店なのですが
私が試しに行ってみたら
初めてという事で、上手い人をつけてくれたせいか
ティラノに大好評

「短いのに、猿じゃない!」

ってはわけで
今は、ふたりして、同じ美容室
ティラノも、上手なスタッフを見つけて、家庭も平和


今日の話です
予約もせずに、ふらっと入ります
時間を気にするのがしんどいし
待つのは苦じゃないので、いつもそんな感じ

いつものように、誰でもいいし、好きに切って下さい
短くなったらそれでいいです
たまには、猿になるのも一興
ってなスタンスでいると
本日の担当のお兄ちゃん
「スタイリングが楽になるように頑張ります!」
と、シャカシャカシャカシャカ
完全にお任せ

問題なく、出来上がり
まだ、ティラノには見てもらってないですが
猿ではないと思われ

で、最終チェック
お兄ちゃん、後ろの毛を指差して
「この部分は、ちょっと、残しておきました、切ってしまうと男性向きのスタイルになるんで」

お兄ちゃんの今日のテーマは、私を女性らしく仕上げる事だったみたいです

どえらいチャレンジャーやな…


帰りに
「また、よろしくお願いします、頑張りますので!」
と、自己アピールをして、名刺をくれました
誰でもいい、適当でいいのスタンスなので、指名しそうにないタイプだから
名刺をもらったのは初めてでした
納得の仕上がりで、また来てくれる、指名して
とか、思ったのでしょうか

ってなわけで
おそらく、むっちゃ女の人に仕上がったに違いないあんもでした


  1. 2013/11/02(土) 21:11:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

あんもないと

Author:あんもないと
あんもないと&てぃらのさうるす
ビアンカップル7年の遠距離終了
同棲中

あんてぃらの遊び場



書く人
HN  アンモナイト
性別  女、ですよ
セクシャリティー
   FTMでないとは言い切れない 
職業  会社員
出身  大阪
棲家  関西
石橋  遠慮がちに叩いて、渡らない

書かれる人
HN  ティラノサウルス
性別  間違いなく女
セクシャリティー  
   ビアンなんだろうね
職業  仕事の鬼・バツ1子持ち
出身  大阪
棲家  関西
石橋  叩いて壊して、それでも渡らいでかいっ!

最新コメント

ランキング


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

リンクフリー

カテゴリ

はじめに (2)
日常 (641)
デート (161)
新ティラノお仕事劇場 (35)
ティラノお仕事劇場 (34)
お出かけ (41)
生い立ち (6)
企画 (1)
未分類 (0)
ティラノのお仕事劇場3 (6)
年表 (2)

RSSリンクの表示

あんてぃらブログ

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

FC2カウンター

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Bmail

あんもの本棚

QRコード

QR